菜の花

菜の花の黄色いカーペットがあちこちに現れ始めました。

b0364962_22511193.jpg

b0364962_22555810.jpg

木は芽吹き、いろいろな花が咲き始め、何というわけでもなく心が弾む季節到来^^
写真を撮っていたら遠方に若い鹿二頭とウサギを発見!
カメラを向ける間もなく、菜の花畑の中に隠れてしまいました。


本日は菜の花を思わせる鮮やかな黄釉のプレートからご紹介です。

b0364962_05124894.jpg

b0364962_05145201.jpg

b0364962_05140548.jpg

b0364962_05131278.jpg

南仏 ピション窯、まさに菜の花色のオクトゴナルのプレートです。
ぽってり感、リムに並ぶ点々模様がよい味わい!


そしてこちらもオクトゴナル。

b0364962_05171253.jpg

b0364962_05183130.jpg

b0364962_05175798.jpg

クレイユ&モントローのデザートサイズのプレートです。
エクリュ色にパール模様の陰影が映えます。


続いてはショワジー・ル・ロワの儚い雰囲気のお皿を。
淡いブルーグリーンで可憐なお花が対に描かれ、時が止まったかのような静的な美しさを纏ったプレート。
儚く消え入りそうな背後のお花が前面のお花を引き立てプレートに奥行きを添えています。

b0364962_05261372.jpg

b0364962_05253262.jpg

b0364962_05240165.jpg

b0364962_05242320.jpg


そしてケーキスタンドを一台。
カンパニュラがリムに配された華やかな絵柄、純白の陶肌が上品で清楚な印象です。

b0364962_05203759.jpg

b0364962_05212702.jpg

b0364962_05205337.jpg

バックスタンプは入っていませんがサンタマンの ''カンパニュラ'' というシリーズのものです。



最後はショコラメニエのティン缶で^^

b0364962_05113867.jpg

b0364962_05093965.jpg

b0364962_05103959.jpg

チコリ、カフェ、ココアの3個を掲載しました。

b0364962_05110403.jpg

3個並べて。
実物は写真よりもっと可愛いです!




さてさて、食事を終え引き続きコルマールの街を散策♪

b0364962_02021368.jpg

橋の上から下を覗くと、小舟に乗っている人たちを発見!
船着場がすぐあり、レストランでチケットを求め
いざ出発です。

b0364962_22355485.jpg

b0364962_22364143.jpg

だんだんと細い川縁へ...
ガイドさんが船尾に乗り、建物のことアルザスの歴史のことなど色々説明してくれます。

b0364962_22430852.jpg

木の組み方で色々意味があるそうで、
V字に見えるところは「男性らしさや生命力」、菱形が「女性らしさや豊かさ」
X字は「union de 2 personnes」を表しカップルや結婚を意味するそう。
真ん中が捻れたXに見えるものは象牙椅子を意味し、有力者や重要人物の家だとか。
当時建物も赤系はカトリック、青系がプロテスタントだったそう。

b0364962_22434528.jpg

b0364962_22440254.jpg

他にも麦穂の形など色々なパターンがあり、由来も様々なようです。奥が深いですね。


それにしても、鉢植えの花がどこも元気いっぱい!
苗が違うのか、肥料が良いのか、土地に合うのか? なぜに...?

b0364962_22441679.jpg

そうしたら同じように思っていたマダムがいて、やっぱり不思議がっているのが聞こえました^^

低い橋桁の下をくぐってUターンです。「みんな頭を下げてー!」

b0364962_22442526.jpg

b0364962_02020055.jpg

次回はちょこっとミュールーズへ。
それではまた!

b0364962_22451570.jpg














[PR]
# by unebellechose | 2018-04-19 07:00 | お店のつれづれ | Comments(0)

かわいいお家

コルマールへ到着し、
まだお店が開かない早朝に街に繰り出しました。

b0364962_08240689.jpg

コロンバージュの建物が素敵な雰囲気で、本当に絵本の中の世界のよう...

途中、すでに働いている方々を発見。

b0364962_17313609.jpg


10月半ばというのに、重機を使ってなんとクリスマスイルミネーションの取り付けです。
アルザスは大きな マルシェ ド ノエル が開かれるので、気合も十分!
クリスマスものに限っては、仕事がいつも早いフランス人^^

暖かくて、本当に良いお天気^^

b0364962_17310957.jpg

お花もたくさんあってきれいだな♪

b0364962_17312067.jpg

街をあちこち歩き、疲れたので遅い朝食で一休みです。

b0364962_08214740.jpg



さて一息ついたところで、本日のご紹介スタートです。
ワイン街道を巡ってもワインは求めず、ジャムや鍋を眺めていましたが、秋のぶどう畑の美しさには感動しました。
こちらのプレートに広がる葡萄柄の美しさも目を見張るものがあります。

ジアン 19世紀半ばに製陶されたファイアンスフィーヌのお皿。
薄い陶器は弾くと良い音、はっきり浮かび上がるレリーフの美しさに圧巻です。

b0364962_07255428.jpg

b0364962_07262494.jpg

b0364962_07270505.jpg

b0364962_07264358.jpg

後にも先にもご紹介できる機会はおそらく無いのではないかと思います。



続いては、深いブルーグリーンの絵柄が上品なマリールイーズの深皿を。
純白の陶肌に色の濃淡で表された花や葉は、落ち着いた華やかさで目を引きます。

b0364962_07173044.jpg

b0364962_07180059.jpg

b0364962_07171114.jpg



そしてサルグミンヌより、花リムのラヴィエ。
見込みに対してリムが大きめで、リムがまさに花びらのようです^^

b0364962_17263496.jpg

b0364962_17262876.jpg

b0364962_17262178.jpg

使いやすい形がまた良し!


手吹きのコンフィチュールポットもひとつ。
当時はジャムを入れた後にパラフィン紙などで蓋をして、ガラスのキュッとつぼまったところで紐留めをしていたそう。

b0364962_17300845.jpg

b0364962_17320670.jpg

b0364962_17313804.jpg

暮らしの中の美しい道具だとしみじみ思います。




最後はフレンチファブリック。
フレンチの愛らしい雰囲気たっぷりの生地を5種類掲載しました。

b0364962_07151421.jpg

b0364962_07160669.jpg

b0364962_07135929.jpg

b0364962_07145199.jpg

b0364962_07125025.jpg

ぜひ手仕事のお供に^^



入ったお店には、種類豊富なプレツェルたちが並んでいました。

b0364962_08554914.jpg


腹ごしらえも済んで、また街に繰り出すと可愛らしい雨戸を発見!

こっちはハート。
b0364962_07405847.jpg

こっちはクローバー!

b0364962_07403427.jpg

ハートはお嫁入り前の娘さんのお宅、クローバーは既婚女性のお宅だったのだとか。


陽が昇り、街中には人がたくさん繰り出してきました。

b0364962_08562583.jpg

さてさて、ランチとしますか^^



みなさま 笑顔いっぱいの週末をお過ごしくださいませ。
それではまた次回まで。

Bon week-end !

































































































[PR]
# by unebellechose | 2018-04-14 09:30 | お店のつれづれ | Comments(0)